海外旅行の海外用レンタルwifi…そのメリットとデメリット-羽田空港でレンタル【海外wifi】料金の比較はコチラです。

海外旅行の海外用レンタルwifi…そのメリットとデメリット

★ 海外用レンタルwifiのメリット ★

羽田や成田から出発する海外旅行や海外出張中にも、情報収集やメールチェック、SNSの利用のためなどにはインターネットは必要不可欠ですが、海外でインターネットに繋ぐには、


1.日本の携帯電話会社の国際ローミングサービスの利用

2.ホテルやカフェ、空港などの無料ネットワークを使う

3.現地でwifiをレンタルする、などの方法があります。


でも、これら1-3に比べると、海外用レンタルwifiにはたくさんのメリットがあります。

まず、1の国際ローミングサービスは定額パケット制であっても基本的に費用が高いうえに、利用度や接続される回線に応じてさらに高額になる恐れがあります。

費用を気にしているとおちおちインターネットが利用できませんね?

一方で海外用wifiは定額なので、安心して利用できます。

おまけに、一台あれば、スマホでもパソコンでも、複数機器を繋げることができるので、同行者と割り勘すればさらにお得になります。


次に、2の無料のネットワークの利用では、複数の人とネットワークを共有するため、データの盗難やウィルス感染などのリスクが伴います。

また、無料スポットは増える一方とはいえ、移動中など、いつでもどこでもネットワークに繋げる環境があるわけではありません。

迷子になってから無料スポットを探すのは悲しいもの。


3つ目の現地のwifiのレンタルに関しては、ある程度の語学力が必要です。

言葉に自信がなければ、ちゃんと借りられるかな、返せるかな、盗難や紛失に故障など、トラブルが発生したらどうしよう、説明できるかな、などと心配しながらの利用になってしまうかもしれません。


まとめると、メリットは、値段の面での安心、データのセキュリティー面での安心、いつでもどこでも使える安心、それから簡単に羽田空港などで貸出と返却ができ、契約時の手続きの際の安心などがあげられる、ということになります。

★ 海外用レンタルwifiのデメリット ★

たくさんのメリットがある海外用レンタルwifiですが、デメリットもあります。

まず、携帯電話の国際ローミングの場合は、普段利用する携帯をそのまま使い、特に申し込みなどの手続きを必要としませんが、wifiのレンタルの際に契約手続きをし、貸し出しと返却をする必要があります。

出国時から帰国時までの契約については、例えば羽田空港に貸し出し返却ができるカウンターを設置している業者もあります。


次に、移動中にインターネットがいつでも使えるのはいいことですが、wifiの機械を持ち歩くことになるので、荷物は増えます。

本体以外にも充電コードと充電器、変圧器などが必要になります。

また、充電が足りているかも気にすることになります。

それから、wifiでインターネットは使えますが、海外にいる間に電話を受発信して通話をすることができません。

その点に関しては無料通話アプリを利用することで問題解決が可能ではあります。


さらに、定額で費用面では安心ですが、データの利用量に限度があるため、通常で考えられる程度の使用では普通は問題ありませんが、動画やゲームなどで大量の通信を必要とすると限度に引っかかってしまうかもしれません。 逆にいえば、限度があるので後で高額の請求書に驚く事態にはなりません。


費用に関してはもう一点、携帯電話会社の国際ローミングの場合は利用した日数分の料金請求になるのに対し、レンタルwifiでは使用の有無に関わらず、出国日から帰国日までの日数分の費用がかかります。

また、レンタルなので、破損や紛失してしまった際には弁償が必要です。

そういった場合の対応には契約時には注意し、補償制度に入ることも考慮しましょう。

もちろん、返却し忘れにも注意です。

受け取り方、返却方法は各社で違いがありますが、例えば羽田空港で借りた場合は、帰国時に羽田など帰国の空港で返却するのを忘れないようにしましょう。


以上、メリットもデメリットもありますが、総合的に海外レンタルwifiはやっぱり便利でお得ではないでしょうか。