羽田空港でwifiレンタル!旅行者向け知っ得「安い」知識-羽田空港でレンタル【海外wifi】料金の比較はコチラです。

羽田空港でwifiレンタル!旅行者向け知っ得「安い」知識

海外旅行に赴く際に、日本で使用しているスマートフォンやタブレットを持っていくことは多いでしょう。

海外での行き先を調べたり、カメラで撮った写真をすぐにSNSなどでアップしたい人にとって端末に繋がるインターネットは必須といえます。

海外でもwifiや端末貸し出しを行っている国もありますが、1日にあたる料金が数千円であったり、端末は電話やメールのみに限定されていたりと、ユーザーが使用するにあたって制限が多いものとなっています。


一方で、あらかじめ国内でポケットwifiルーターを予約し、発着地である羽田空港で受け取ることができるサービスがあります。

『X mobile』、『イモトのWiFi』、『GLOBAL WiFi』といったポケットルーター貸出サービスのサイトを利用すれば、海外での貸出に比べて安い料金でインターネットに繋げることが可能です。


上記に挙げたレンタルショップのほかにも様々あり、料金は約400円から数千円までばらつきがあります。

例えばワイホーでは1日あたりの料金は最安値で390円からあり、1回の旅行で1か国限定使用か複数の国で使うかで料金が変わってきます。

wifiレンタル屋さんでは1日450円となりますが、1か月の利用が6750円と、長期滞在する人に向いているといえるでしょう。

さらに事務手数料や解約手数料がかからず、月またぎでの追加清算も無いため料金の計算が容易である点も魅力のひとつです。


どのショップも羽田空港での受け取りが可能で、羽田国際線3階出発ロビーにあるANA手荷物宅配カウンターや、空港に常設されている郵便局でポケットルーターを受け取ることができます。

また、JALABCのように受け取りカウンターが専用の窓口になっている場合もあるため、あらかじめサイトなどを見て確認しておくとよいでしょう。

羽田空港を始め、空港は非常に広いため、一度間違えると時間をとられてしまうためです。


非常に便利で安価な貸出サービスを利用するにあたって、注意しておかなくてはならないこともあります。

ひとつは指定した国以外での使用は厳禁ということです。

現代のスマートフォンは電波をオフにしていない限りインストールされているアプリなどで常に通信している状態であるため、うっかり電源が入ったまま他国へ移動してしまうと高額の料金をとられる場合があります。

また料金はレンタル料金(1日)+手数料+追加料金の合計で計算しましょう。

1日の安さだけで計算した場合、別途の追加料金で結局他のサービスよりも高額になってしまうこともあります。